研究

Dinosaurs (Japanese)

ひとり立ち

生物工学で生み出された恐竜は、周囲の環境に応じて自分で考え、感じ、行動する。遺伝子操作で固有の習性、能力、姿を持つ恐竜を作り出そう。格納施設を使えば、科学、エンターテイメント、警備の用途に応じた展示が可能。世界各地で絶滅した恐竜の DNA を探すための資金を集めよう。

Research intro dinosaurs

ストルティオミムス

ストルティオミムスはオル二ソミミド科 (鳥に似た) 恐竜で、北アメリカ各地に生息していた。名前の意味は《ダチョウもどき》で、長く発達した後ろ脚と、2 足歩行の速さに由来している。大きな目を持つが歯はなく、前脚があり、他の属より長い爪を有していた。この恐竜は数多く、広い地域に生息していた。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
1/5
Incubation
1/5

サウロペルタ

サウロペルタはノドサウルス科 (曲竜下目) の一種で、北アメリカに起源を持つ。名前の意味は《トカゲの盾》で、背中の硬い皮膚に由来している。化石が豊富に産出したため、ノドサウルス科の中では最も研究が進んでいる。他の種と違い、サウロペルタは平らな頭骨を有していた。背中の板の並びが、首、肩、尻尾上部の動きを制限していた。

Attack
2/3
Defense
3/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
2/5
Incubation
2/5

トロサウルス

トロサウルスは角竜類の恐竜で、北アメリカ西側内陸部に広く生息していた。名前の意味は《突き通す爬虫類》で、首のヒダに空いた大きな穴に由来している。トロサウルスはトリケラトプスの成長した姿ではないかとも言われているが、いまだ証明されていない。クチバシと鋭い歯を使い、シダなどの固い草木を食していたと思われる。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
1/3
Size
3/5
Incubation
3/5

ディプロドクス

ディプロドクスは最も古くから知られ、識別しやすい恐竜の 1 つである。竜脚類特有の長い首と尻尾、しっかりとした 4 本足を有していた。名前の意味は《二重の梁を持つもの》で、尻尾から伸びる 2 本の骨に由来する。砂嚢に石を飲み込んで消化を促していたと考えられている。縦長の姿勢で描かれることが多かったが、今では頭を低くし、尻尾とバランスを取っていたことが分かってる。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
5/5
Incubation
3/5

ムッタブラサウルス

ムッタブラサウルスはかつてオーストラリアに生息していた鳥脚類 (鳥に似た) 恐竜である。名前の意味は《ムッタブラトカゲ》で、発見地に由来している。物を切り刻むような歯を持っており、ソテツなどの固い植物類を食べるために進化したと思われる。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
3/5
Incubation
3/5

スピノサウルス

スピノサウルスは北アフリカに生息していた史上最大のセラポッドで、最大級の陸生肉食恐竜であった。名前の意味は《棘トカゲ》で、帆状に並んだ特徴的な背中のトゲに由来している。長い鼻を持ち、他のセラポッドと比べてインドガビアルに近い。陸上だけでなく水中でも生活し、狩りをしていたと思われる。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
5/5

アーケオルニトミムス

アーケオルニトミムスはオル二ソミモサウルス類のセラポッド恐竜の中で最大級の種である。中国の発掘地で発見された。名前は《古代の鳥もどき》を意味する。雑食と見られているが、自身より大きな肉食恐竜に捕食されていた。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
1/3
Resilience
2/3
Size
2/5
Incubation
2/5

カマラサウルス

カマラサウルスは北アメリカに生息していた大型竜脚類である。集団で生活していたと見られ、他の竜脚類と比べて首と尻尾は短いが、比較的大きな頭部を持つ。名前は《空洞を持つトカゲ》を意味する。竜脚類の化石として最も多く見つかっている種の 1 つである。のみの型をした歯を持ち、硬い植物を食べるのに適していたと思われる。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
5/5
Incubation
3/5

カスモサウルス

カスモサウルスは北アメリカに生息していた、平均的な大きさの角竜類恐竜である。トリケラトプスのように、顔に 3 本の角と幅広のヒダを持っていた。ヒダはおそらく柔らかく、防御には使えないため、異性へのアピールか集団内での目印に使用していたと思われる。

名前の意味は《穴の空いたトカゲ》で、これはヒダの骨に空いた、軽量化のための穴が由来となっている。他の角竜類のように草食であった。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
3/5
Incubation
2/5

チュンキンゴサウルス

チュンキンゴサウルスはステゴサウルス科の中でも最小級の種で、中国にかつて生息していた草食恐竜である。名前は《重慶のトカゲ》を意味する。他のステゴサウルス科のように、防御に使う大きなトゲを持っている。トゥオジャンゴサウルスと似ているが、比較的小さな体と鼻を持ち、歯が重なり合わない点でそれとは異なる。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
3/5
Incubation
3/5

メトリアカントサウルス

メトリアカントサウルスはイギリスで見つかった、ジュラ紀中期までさかのぼる大型肉食恐竜である。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
3/5
Incubation
4/5

ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル (または略してラプトル) は、ジュラシック・ワールドで最も危険な種の 1 つである。インジェン社に壊滅的な被害をもたらした歴史があり、原因は基のゲノムより大きく遺伝子操作されたことにもあるが、ヴェロキラプトルが賢く、効率的な捕食者であった点にもある。

最近では IBRIS プロジェクトの参加者となっており、ここでオーウェン・グレイディー (および彼のサポート チーム) から、命令に従うように訓練を受けている。名前は《敏捷な略奪者》を意味する。

Attack
1/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
2/5
Incubation
3/5

エドモントサウルス

エドモントサウルスは大きなハドロサウルス科 (カモノハシ竜) の一種であり、北アメリカ西部に生息していた。名前は発見地であるカナダ南部アルバータ州のエドモントンが由来となっている。

ティラノサウルスの餌となっていたことが知られており、他のハドロサウルス科と違い、頭にトサカを持っていない。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
3/5
Incubation
2/5

ギガノトサウルス

ギガノトサウルスは大きなセラポッドの一種で、史上最大級の陸生捕食恐竜である。ティラノサウルス・レックスと同等か、それ以上の大きさだったと思われる。名前は《南の巨大なトカゲ》を意味する。現在のアルゼンチンにかつて生息しており、若い竜脚類を捕食していたと思われる。恒温性であり、自身の体内で体温を維持できた。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
5/5

デイノニクス

ヴェロキラプトルの方が早く発見されたものの、最初のラプトルは、ほぼ完全な骨格が出そろったデイノニクスとされている。名前の意味は《怖ろしい鉤爪》で、由来は出し入れ自由の 20 センチ以上にもなる肢の鉤爪である。かつて北アメリカ各地で狩りをしていた。デイノニクスの発見はそれまでの恐竜観を大きく変え、鳥は恐竜の子孫である、という新たな定説を生んだ。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
2/5
Incubation
3/5

ティラノサウルス・レックス

ティラノサウルス・レックスはおそらく史上最もよく知られた恐竜であり、恐竜の代表格としてこれまで多くの人々を魅了し続けてきた。名前は《恐竜の王》、つまりは生態ピラミッドの頂点を意味する。 2 足歩行の肉食恐竜であり、その頭部の巨大さから、史上最強の咬合力を誇っていたと考えられる。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
5/5

ドラコレックス

ドラコレックスはパキケファロサウルス科に分類され、かつて北アメリカに生息していた。名前の意味は《竜王》で、ドラゴンのような形の頭骨にある冠形の骨の形態に由来する。この属に分類される唯一の種はドラコレックス・ホグワーツィアで、この名はJ・K・ローリング著《ハリー・ポッター》シリーズにちなんでいる。ドラコレックス、および非常に類似点の多いスティギモロクについては、実はパキケファロサウルスの幼体なのではという説がある。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
2/5
Incubation
3/5

マイアサウラ

マイアサウラは大型のハドロサウルス科 (カモノハシ竜) に分類される。名前の意味は《良い母親トカゲ》で、これは初めて巣や幼体が発見されたことに由来する。 1985 年にスペースラブという宇宙実験室でミッションが行われた際、ローレン・アクトン宇宙飛行士はこの化石を持って行き、マイアサウラは宇宙へ行った初めての恐竜となった。独特のトサカは、頭突き対決に使われていたと思われる。 4 足または 2 足歩行のいずれも可能であり、大きな集団で生活していたと考えられる。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
3/5
Incubation
2/5

スティラコサウルス

スティラコサウルスは角竜類の大型恐竜で、首のヒダから特徴的な角が突出している。北アメリカに生息していた。名前は《トゲのあるトカゲ》を意味する。集団で生活し、護身と食料採集のために大群で移動していたと思われる。硬いクチバシと鋭い頬の歯は、植物を切り裂くのに最適であった。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
3/5
Incubation
3/5

ディロフォサウルス

ディロフォサウルスはジュラ紀のセラポッド捕食恐竜の中でも大型級の種である。名前の意味は《 2 つの隆起を持つトカゲ》であり、文字通り頭骨に 2 つのトサカを有している。

初期タイプの捕食恐竜であり、目が前を向いておらず、視覚より嗅覚を駆使して狩りをしていたと思われる。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
2/5
Incubation
3/5

クリトンサウルス

クリトンサウルスはアンキロサウルス科の恐竜で、ジュラシック・パークの著者マイケル・クリトンにちなんで名づけられた。正基準に固有の特徴がないことから、独立した属ではないかと思われる。

Attack
2/3
Defense
3/3
Lifespan
1/3
Resilience
2/3
Size
2/5
Incubation
1/5

ポラカントゥス

ポラカントゥスは曲竜類 (鎧竜) 恐竜の一種であり、イギリスで見つかった。名前の意味は《たくさんのトゲ》で、背中のトゲに由来している。同じ科で属の違う恐竜のように皮膚は硬いが、防御に使える尻尾のトゲは持っていない。

Attack
2/3
Defense
3/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
2/5
Incubation
2/5

インドミナス・レックス

インドミナス・レックスはインジェン社初の遺伝子組み換えハイブリッド恐竜で、名前は《獰猛かつ制御不能な王》を意味する。一般客と企業スポンサーを集める目玉アトラクションとなるはずだったが、恐竜を武器化する機密計画の一環でもあった。2015 年のイスラ・ヌブラル島の事故で起きた出来事はパークにとって壊滅的な悲劇となり、観客に死者が続出し、恐竜の死亡や脱走も確認された。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
5/5

アンキロサウルス

アンキロサウルスはとても硬い皮膚で覆われた 4 足歩行獣である。恐竜ファンにはその重心の低い体つきとこん棒のような尻尾で知られている。名前は《連結したトカゲ》を意味する。

背中の極めて硬い装甲が、上からの攻撃をほぼ無効化し、こん棒形の尻尾も防御に役立っていた。

Attack
2/3
Defense
3/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
3/5
Incubation
3/5

パラサウロロフス

パキケファロサウルスはパキケファロサウルス科 (石頭恐竜) の一種で、北アメリカに生息していた。約 6500 万年前の白亜紀から古第三紀、絶滅前に生息していた最後の非鳥類型恐竜の 1 種である。

強固な頭蓋骨が特徴的で、敵と頭突きで戦っていたと推測される。最近では脇腹をぶつけあっていたという反論もある。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
1/3
Size
2/5
Incubation
3/5

コリトサウルス

コリトサウルスはハドロサウルス科 (別名《カモノハシ竜》) で、かつて北アメリカに生息していた。集団で生活する草食恐竜である。ハドロサウルス科の中でも大きな種の 1 つであった。鼻道のあるトサカを持っており、ヒクイドリと似たその構造は、鳴き声の調整に使われていたと思われる。名前は《コリント式のトカゲ》を意味する。トサカは雌雄で差があり、オスはより大きいトサカでメスの気を引いていたと思われる。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
3/5
Incubation
1/5

スコミムス

スコミムスはスピノサウルス科の恐竜であり、アフリカで見つかった。名前の意味は《ワニもどき》で、ワニのような鼻先に由来している。この鼻先は、通常のセラポッド (ティラノサウルスなど) の頭蓋骨と比べて魚を捕るのに適していた。この属で知られる唯一の種であり、スピノサウルスと違い背中に大きな帆がない。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
4/5

ステゴサウルス

独特の背板から、ステゴサウルスは世界的に最も有名な恐竜の一種で、ジュラシック・ワールドのパークでも人気のアトラクションである。

これらの草食恐竜は体重に比べて脳が小さいことで知られている。名前は《屋根のあるトカゲ》を意味する。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
3/3
Size
2/5
Incubation
3/5

トリケラトプス

大きな骨のヒダと 3 本の角のおかげで、トリケラトプスは最も有名な恐竜の一種であり、人気アトラクションとなっている。名前は《 3 本の角を持つ顔》を意味する。

トリケラトプスは草食恐竜であった。 2010 年にトリケラトプスはトロサウルスの幼体ではないかという説が唱えられたが、依然証明されていない。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
3/5
Incubation
2/5

ファヤンゴサウルス

ファヤンゴサウルスは小型のステゴサウルス科に属し、中国に生息していた。名前の意味は《華陽のトカゲ》で、最初の発見地に由来している。ステゴサウルス科らしい小さな頭部と背板、トゲのある尻尾を有するが、ステゴサウルスとは違い、背板はより尖っていた。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
3/5
Incubation
2/5

パラサウロロフス

パラサウロロフスは、トサカ状のついた頭骨により、ジュラシック・ワールドでも目立つ恐竜である。名前は《トサカトカゲに近い》を意味する。

2 足歩行と 4 足歩行を切り替えることができた。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
2/5
Incubation
2/5

ペンタケラトプス

ペンタケラトプスは角竜類の恐竜で、北アメリカに生息していた。名前は《 5 本角の顔》を意味する。他の角竜類のように、角付きのヒダを持っている。上顎に歯を集中させた硬いクチバシで、シダやソテツなど固い植物を食していた。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
4/5
Incubation
3/5

ノドサウルス

ノドサウルスは曲竜類 (鎧竜) の一種で、北アメリカに生息していた。名前の意味は《こぶトカゲ》で、背中の硬い皮膚にある骨質のこぶに由来している。この種の恐竜のうち、初めて北アメリカで発見されたものの 1 つである。今のところ、属の完全な骨格は見つかっていない。

Attack
2/3
Defense
3/3
Lifespan
1/3
Resilience
1/3
Size
2/5
Incubation
1/5

アパトサウルス

アパトサウルスは長い首と尻尾で自身のバランスをとる大きな竜脚類である。名前は《惑わすトカゲ》を意味する。

 

同じ科の恐竜と同様に、アパトサウルスの頭は体と比べて小さい。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
5/5
Incubation
4/5

ケントロサウルス

ケントロサウルスは小型のステゴサウルス科で、アフリカに生息していた。名前は《スパイクのトカゲ》を意味する。

他のステゴサウルス科のように、尻尾のトゲで自身を守るが、背板は近縁種より鋭く尖っていた。"

 

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
3/5
Incubation
3/5

ブラキオサウルス

ブラキオサウルスはそのとてつもない大きさで、大衆に最も知られている恐竜の一種であり、ジュラシック・ワールドのビジターにも人気のアトラクションとなっている。名前は上腕骨が非常に長いことからつけられた。

高木上部の葉を食していたと思われ、温血動物であったことが知られている。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
5/5
Incubation
3/5

マジュンガサウルス

マジュンガサウルスはマダガスカルで見つかった、中型セラポッド捕食恐竜である。名前の意味は《マジュンガトカゲ》で、発見地の古名に由来している。当該環境の頂点捕食者で、南アフリカよりもインドの類似恐竜と近縁であると思われている。共食いをしていたことで知られる、数少ない恐竜の一種でもある。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
4/5

マメンチサウルス

マメンチサウルスは大型竜脚類で、非常に長い首を持つことで知られている。現在の中国に生息しており、名前の意味である《馬門溪トカゲ》は化石の発見地に由来する。大きなヘラ状の歯を持っており、砂嚢の石でなく口で植物を噛み砕いていた。

Attack
2/3
Defense
1/3
Lifespan
3/3
Resilience
2/3
Size
5/5
Incubation
3/5

ケラトサウルス

ケラトサウルスは大型のセラポッド恐竜で、目の上に小さな角、鼻の上に鋭い角がある珍しい形状を持つ。名前は《角を持つトカゲ》を意味する。

ケラトサウルスのユニークな特徴は、背中の中央に沿って並ぶ硬い皮膚である。

Attack
3/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
1/3
Size
4/5
Incubation
4/5

ガリミムス

ガリミムスはチーター並に動きが素早い事で知られている恐竜で、その姿はダチョウに似ていた。名前は《ニワトリモドキ》を意味する。

オル二ソミモサウルス類の大型種の 1 つで、小さな生物や卵、植物を食べていたと思われる。"

 

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
1/5
Incubation
1/5

ギガントスピノサウルス

ギガントスピノサウルスは中型のステゴサウルス科で、中国に生息していた。名前は《巨大な棘トカゲ》を意味する。他のステゴサウルス科と比べて背板は小さいが、肩骨が大きく、比較的大きな頭部を有していた。

Attack
2/3
Defense
2/3
Lifespan
2/3
Resilience
3/3
Size
3/5
Incubation
3/5

チンタオサウルス

チンタオサウルスはハドロサウルス科 (カモノハシ竜) の一種であり、中国で見つかった。名前は《青島トカゲ》を意味する。

他のハドロサウルス科同様 に4 足歩行を行うが、後ろ脚 2 本でも歩行できる。生活はおそらく集団で営まれていた。

Attack
1/3
Defense
1/3
Lifespan
2/3
Resilience
2/3
Size
3/5
Incubation
2/5

最新情報の配信登録

Subscribe for game news, updates and offers.